最新の投稿
脚を触る女性

夏になるとテレビCMなどでもお馴染みになる水虫は、白癬菌というカビの一種が関係する病気です。カビですから高温多湿の夏や梅雨時期の環境を好んで元気になるのです。ただ冬場には完治しているというわけではなく、皮膚の内部には潜伏を続けています。そうしてまた暑くなったら再発し、繁殖を続けるのです。

水虫の白癬菌は適切な治療を行わねば自然治癒することはなく、病院で抗真菌薬をもらってくることになるのです。抗真菌薬が菌の細胞壁を破壊しそれ以上増殖できなくすることで、いずれ水虫は完治します。中年男性の病気というイメージが強いがゆえに、症状を隠して放置したままという隠れ水虫の女性も多いですが治療することをオススメします。

必ずいつかは完治するはずの病気・水虫、しかしながらまた夏になって症状が起こり始めたという方もいるのではないでしょうか。もちろん、同じような生活習慣を続けている以上はまた白癬菌が感染したということもあるものの、実は病気が完治していなかったという可能性も高いのです。

抗真菌薬を使って水虫治療をする上での約束事として、最後まで使い切るというのがあります。決して見た目で判断することは出来ないその病気、自己判断で治りかけを完治したと勘違いして治療をストップさせてしまう方が後を断ちません。でも実は内部に潜伏している白癬菌たち、残った一部が薬を止めたら活動を始めて再発してしまうというわけです。意外と長く長期間潜伏していることもあるので、決して見た目で自己判断しないことです。

それではどうすればよいかというと、治療終了をしてもよいかどうかというのも医師の元で確認すれば良いのです。皮膚科で症状を見せたときに、角質の一部を採取して顕微鏡で見ていたのではないでしょうか。その中に白癬菌がいたからこそ水虫という病気で診断が下されたのです。足に痒みが出たり湿疹が出るといった似た症状の病気は多数あります。それに足にのみ出てくるとは限らないのが恐ろしいところ、白癬菌は皮膚や頭・手などで繁殖することもあるのです。白癬菌が関係している以上はそれを退治する抗真菌薬は必須、適切な治療を行い見た目としては完治したと思っても取りあえずはその1本が無くなるまで使い切り、医師にもう一度角質を確認してもらって菌がいないかどうかを調べるようにしましょう。

ちなみに、ジュクジュクした患部にのみ薬を塗っているという方もいますが、実際にはその周りの綺麗に見える皮膚にだってすでに菌は及んでいる可能性は高いです。クリーム状の薬を処方されることが多いでしょうが、ピンポイントではなく広めの範囲で塗ってまだ症状を出していないような菌まですべて、退治してしまうようにしてください。このような使い方についての説明は、病院で処方されるのであれば医師から詳しく説明を受けられるでしょう。しかしながら、薬局やドラッグストアで手に入る市販の薬だって様々あります。最近は、個人輸入代行業者を通じてインターネットで海外から薬を取り寄せているというケースだって多くなったのです。そうなると、素人が自身で考えて使うことに、でも最後は病院に行っておいた方が確実です。少なくとも、手に入れた抗真菌薬は最後まで使いきるようにしてください。見た目は、皮膚がきれいになって完治したと思っても油断は禁物、そこから1ヶ月程度は使い続けるようにしましょう。水虫は治る病気です、ただ完治するまでには数ヶ月は必ずかかるのが通常なのです。もう大丈夫だろう・面倒だしと途中で放置してしまえば元の木阿弥、また症状に悩まされて一から治療を始めなければならなくなってしまうというわけです。